メフォスの
提案力
食の安全・安心

組織的な衛生管理とトレーサビリティの確保を徹底しています。

メフォスでは、厚生労働省が示すHACCP(危害分析重要管理点)に基づき、衛生管理マニュアルを作成・常備。これに基づく組織的な衛生管理を徹底しています。各事業所を対象として定期的な勉強会や衛生点検を行うほか、食材の仕入れ先に対してもマニュアルに基づく管理・指導を実施。また流通経路のオンライン管理・一元管理を進めるなど、トレーサビリティの確保にも注力しています。

HACCP(危害分析重要管理点)に基づく衛生管理を追求

厚生労働省から示されているHACCPの概念に基づいた「大量調理施設衛生管理マニュアル」に準拠した、「衛生管理マニュアル」を全ての事業所に常備。原材料の仕入れからお食事提供までのあらゆる工程で、このマニュアルに従った衛生管理(記録も含む)を実施しています。

メフォスの衛生管理項目

調理従事者
  • ○健康管理
  • ○衛生知識の習得・実践(定期的・随時の研修を実施)
調理作業工程
  • ○重要管理項目である加熱温度・時間の順守
  • ○衛生手袋の適正使用
施設設備
  • ○施設や器具の維持管理(清掃/洗浄・消毒の徹底)
食品管理
  • ○食品に応じた温度帯での保存
  • ○置き場所区分による二次汚染防止
衛生管理マニュアルの写真衛生管理マニュアル

組織的な衛生管理の徹底と勉強会の定期実施

従業員には、メフォス「衛生管理マニュアル」に定める基準が遵守され、安全に作業が行われるよう、毎日行われる3分トレーニングや調理器具の取扱い方法などの実地研修の他、各種衛生講習会への出席が義務付けられています。また、安全衛生に対する意識向上のため、食品・安全衛生ハンドブックを配布しているほか、年間を通じて安全衛生勉強会を定期的に実施しています。また、事業部や本社の衛生専門部署が定期的に事業所を巡回し、実際の調理作業などが衛生的に行われるように指導を行っています。

メフォスの衛生管理体制

メフォスの衛生管理体制の図

衛生ハンドブックの写真衛生ハンドブック

3分トレーニングの写真3分トレーニング

食材仕入れ先の管理・指導とオンライン化を推進

事業部間の定期的な情報共有や本社との連携によって、安定した食材調達を実現しています。また、食材の鮮度を保つため、仕入れ先は安全基準をクリアした事業所周辺の指定登録業者にお願いしています。さらに食材に問題が発生した場合の被害拡大を防ぐため、オンラインによる流通経路の一元管理も進めています。

仕入先に対する主なチェック項目

チェック項目

1. 原材料、商品の入荷基準が定められているか

2. 全仕入商品(加工品)のメーカー保証を確認しているか

3. 保管及び物流における温度管理が守られているか

4. 一般的商品の受入基準を遵守しているか

5. 営業許可書、免許証、登録証等を有しているか

6. 一般衛生管理が実施されているか

7. 従業員の検便を実施しているか

8. PL保険(製造者賠償責任保険)に加入しているか