サービス分野 病院・医療給食

医療の現場を
支えるために。
病状に応じた食事を
提供しています。

メフォスの病院・医療給食では、家庭と同様の温かさ、おいしさにこだわりながら、医療の現場をサポートできるシステムづくりに長年取り組んできました。患者様の栄養管理に不可欠とされる、職種を超えた栄養サポートチーム(NST)の一員として貢献することはもちろん、選択メニューや季節のイベントメニューなど、患者様の満足度を高めるメニュー提供に注力しています。さらに、作業の効率化やコスト削減、衛生管理のさらなる向上に役立つさまざまな調理システムにも対応します。

豊富な経験
活かして現場をサポート

近年、医療現場において問題視されている患者様の栄養管理方法。問題解決のためには、職種を超えた栄養サポートチーム(NST)の導入が不可欠と言われています。メフォスでは、臨床栄養サービスと患者様の要求に対応するフードサービスの両面において業務貢献が可能。豊富な経験を活かして医療の現場をサポートします。

幼稚園・保育園受託件数

多彩なメニューを提供

業界初のホットワゴンによる配膳導入など、早くから家庭でとる食事と同様の温かさ、おいしさの提供に取り組んできたメフォス。毎日の食事が選べる選択メニュー、患者様の嗜好に合わせた特別メニュー、旬の食材を使用した季節のイベントメニューなど、多彩なメニューを提供しています。栄養管理はもちろんのこと、季節感や食文化を伝えながら、心身両面における患者様のサポートを行っています。

新調理システム
への対応

バラエティ豊かな食事の提供、作業の効率化、マンパワーコストの削減、衛生管理の徹底などを実現する、調理システムへの対応が可能です。また、オール電化厨房作業にも対応しています。導入にあたって、指導スタッフが事前トレーニングや手順書の作成、献立分析による作業計画の策定などをサポートする体制も整えています。 メフォスで対応している調理方法は以下です。

クックチル

料理を急速冷却してチルド(0~3℃)状態で保存し、細菌の繁殖を抑制。提供時は再加熱するだけで提供できます。当日の調理が困難な料理や大量の料理を一定の品質で提供できます。

ニュークックチル

個別再加熱式提供方式のこと。あらかじめ、チルド温度帯に保存されている料理をそのまま器に盛付け、器ごと再加熱を行う方式です。再加熱を行う方法として、スチームコンベクション加熱方式とカート内再加熱方式(再加熱カート) があります。

真空調理

生の食材、もしくは熱処理をした食材を調味液と一緒に真空包装。食材の酸化やビタミンの破壊が少なく、食材本来の風味や旨みを逃さない。スチームコンベクションなど温度や時間を管理できる調理機器を使用することで、計画生産による調理作業の標準化を実現します。

衛生管理に関する意識向上のため、勉強会を開催

お客さま側のスタッフ(看護師・介護福祉士・介護助士など)に対して、衛生管理に関する勉強会を開催し、現場スタッフとの情報共有・意識向上を図っています。ノロウィルス勉強会では、トイレの衛生やリネン類を介した感染の拡大防止など、院内感染を防ぐためのノウハウや食中毒対策について学んでいます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ