Topics

特集記事

Category

活躍する技能実習生 病院職員食堂でベトナムフェアを開催!

2022.12.28
 

多様な人材の活躍を目指す当社では、対象国への技術移転を目的とした国際貢献に関わる制度である外国人技能実習生制度を活用し、2020年よりベトナム人技能実習生を受入れております。

2020年には20人、2021年には15人、そして2022年には64人がメフォスの一員となり、主に病院や福祉施設などの給食提供現場で実習をしております。

 

当社受託先の聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院では、現在3名の実習生が活躍していますが、日ごろの応援・支援に対する感謝の気持ちを込めて、同病院の職員食堂において、12月8日(木)にベトナムフェア(ベトナム料理の提供)を実施しました。

【メニュー】

・チャーハン(ベトナム風)

・豚肉のレモングラス炒め

・揚げ春巻き

・青パパイヤサラダ

・フォー

食堂入口では実習生の3名がベトナムの伝統衣装であるアオザイを着て、お客様をベトナム語で「シンチャーオ!」(こんにちは!)と元気よくお迎えしました。

用意したベトナムプレート60食は開始30分で完売し、「美味しかった!」「また是非開催して欲しい!」「次回はいつやるの?」とお声がけいただきました。

ベトナム語で実習生に「カムオン!」(ありがとう!)と話しかけ一緒に記念撮影をするお客様がいるなど、病院の皆様と一体感のある大いに盛り上がったイベントとなりました。

明るく元気な実習生の活躍により職場が活気づき、異文化交流の良いきっかけにもなっています。今後も多様な人財が活躍できる職場づくりを通じて、お客様・社会に貢献して参ります。

 

◆外国人技能実習制度とは

国際社会との調和ある発展のため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力する制度です。

開発途上国の人財に日本の企業でのOJTを通じて、母国では習得困難な技能を習得してもらい、帰国後に習得した技能を活かし母国の経済発展に活かしてもらうことを目的としています。