Topics

特集記事

Category

見て、触って、作る!絵本を用いた食育イベントを他社と協働で開催

2024.04.16
 

2024年4月13日、家庭紙の専門商社であるアスト株式会社が主催する子ども成長支援イベント「てんとう虫となかまたち(※)」における食育・知育イベントが、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)で開催されました。

今回当社は食育イベントのプロデュースと運営に携わり、アスト社と協働で開催させていただきました。

※てんとう虫となかまたち…食育、知育、体育と様々な内容で子どもの成長を支援する、アスト株式会社が開催する無料イベント。今年度より始まった企画であり、今年度は計5回大阪府内にて様々なイベントを開催予定。

当日は1~3歳前後のお子様14名と、その保護者様が参加されました。

食育イベントの様子

今回は絵本を用いた食育を行いました。

題材となるのは、人気の“そらまめくん”シリーズの絵本です。

 

当社栄養士が絵本の読み聞かせをしながら、物語に登場するそらまめ、枝豆、グリンピース、さやえんどうを実際に触ってもらいます。子どもたちは興味津々な様子で触り、見た目が似ていても、種類によって色・硬さ・大きさに違いがあることを発見していきます。

その後は、絵本で登場したそらまめくんと、そらまめくんのベッドを、画用紙と綿で工作します。

「絵本に出てきたそらまめくんはどんなお顔だったかな?」「さっき触ったそらまめくんのベッドはどんな感じだったかな?」と問いかけ、考えながら作ってもらいました。

 

最後はそらまめくんとそのお友達をフワフワのベッドの中に寝かせて完成となり、個性豊かなかわいい作品がたくさん出来、子どもたちも大満足の様子でした。

 

最後には、「お豆食べれるようにがんばる!」と食への新たな好奇心が芽生えており、とても嬉しい気持ちになりました。

この体験を通して、子どもたちの食への興味が高まるきっかけとなってくれたら嬉しいです。

 

「てんとう虫となかまたち」の次回食育イベントは2025年3月に開催予定であり、今回同様当社がプロデュース予定です。

 

メフォスは子どもたちの笑顔と未来につながるよう、引き続き食育活動に力を入れてまいります!

 

その他取組についても随時ご紹介します。

当社事業にご関心のある方は、下記にてお問い合わせください。

お問い合わせ | 給食委託会社メフォス (mefos.co.jp)

 

アスト株式会社の子ども支援活動について

同社では2024年度より、消費者が同社製品の「てんとう虫ソフトパックティッシュ」を購入した際の売り上げの一部を、認定NPO法人全国子ども食堂支援センター・むすびえへ寄付する活動を開始。寄付することにより全国のこども食堂へ資金や物資の支援がなされ、孤食を減らすことにつながっている。